地図を表示
七ツ釜


名勝天然記念物に指定されている七ツ釜は, 苗場山系から流れでる谷川の渓流に点在する七つの滝つぼです。
右岸が断面層、左岸が切り立った縦層という学術的にも大変珍しい景観です。
その昔,男が弁天様との約束を破り「投網」を打ったため滝つぼの主である大蛇の怒りをかい命を失ったという「七ツ釜の伝説」があります。
また,鈴木牧之の北越雪譜秋山紀行にも絵入りで紹介されています。
平成7年の土砂災害により滝全体が崩壊したため復旧がなされ、平成9年秋に全国初の擬岩による砂防ダムが完成し、崩壊前の滝に近い型で復元されました。
この付近の地形が形成される岩体冷却の際、体積収縮によって冷却面に垂直に六角柱状の節理が生じたものです。
展望台

お問合せ先/なかさと清津観光協会 025-763-3168
 
Home  | お問い合せ
Copyright (C)2007 web echigoyuzawa All rights reserved.