大峯百番観音
     詳細はこちら         
     

湯本薬師堂より大峯山~秋葉山の峯伝いに宝珠庵に至る大峯百番観音巡礼路です。

西国三十三番、秩父三十四番、坂東三十三番を合せた百番の観音菩薩が設置されました。

西国三十三番
一番 青岸渡寺
二番 金剛宝寺
三番 粉河寺
四番 施福寺
五番 葛井寺
六番 南法華寺
七番 龍蓋寺
八番 長谷寺
九番 興福寺
十番 三室戸寺
十一番 上醍醐寺
十二番 正法寺
十三番 石山寺
十四番 円城寺
十五番 今熊野観音寺
十六番 清水寺
十七番 六波羅蜜寺
十八番 頂法寺・六角堂
十九番 行願寺
二十番 善峰寺
二十一番 穴太寺
二十二番 総持寺
二十三番 勝尾寺
二十四番 中山寺
二十五番 清水寺
二十六番 一乗寺
二十七番 円教寺
二十八番 成相寺
二十九番 松尾寺
三十番 宝厳寺
三十一番 長命寺
三十二番 観音正寺
三十三番 華厳寺
 
秩父三十四番
一番 四萬部寺
二番 真福寺
三番 常泉寺
四番 金昌寺
五番 語歌堂
六番 ト雲寺
七番 法長寺
八番 西善寺
九番 明智寺
十番 大慈寺
十一番 常楽寺
十二番 野坂寺
十三番 慈眼寺
十四番 今宮坊
十五番 少林寺
十六番 西光寺
十七番 定林寺
十八番 神門寺
十九番 龍石寺
二十番 岩之上堂
二十一番 観音寺
二十二番 童子堂
二十三番 音楽寺
二十四番 法泉寺
二十五番 久昌寺
二十六番 円融寺
二十七番 大渕寺
二十八番 橋立堂
二十九番 長泉院
三十番 法雲寺
三十一番 観音院
三十二番 法性寺
三十三番 菊水寺
三十四番 水潜寺
 
坂東三十三番
一番 杉本寺
二番 岩殿寺
三番 田代寺
四番 長谷寺
五番 勝福寺
六番 長谷寺
七番 光明寺
八番 星谷寺
九番 慈光寺
十番 正法寺
十一番 安楽寺
十二番 慈恩寺
十三番 浅草寺
十四番 弘明寺
十五番 長谷寺
十六番 水澤寺
十七番 満願寺
十八番 中禅寺
十九番 大谷寺
二十番 西明寺
二十一番 日輪寺
二十二番 佐竹寺
二十三番 観世音寺
二十四番 楽法寺
二十五番 大御堂
二十六番 清瀧寺
二十七番 円福寺
二十八番 龍正院
二十九番 千葉寺
三十番 高蔵寺
三十一番 笠森寺
三十二番 清水寺
三十三番 那古寺
 



由来~霊場碑の碑文

観音信仰ノ普及ノ為、有志相議リテ、湯沢村湯元ヨリ湯沢嶽並ニ神立村秋葉山ヲ経テ、宝珠庵二至ル山路一帯ヲ開削シ、百番観音ノ霊場建設ヲ計画シ、昭和八年初春ヨリ晩秋二亘リ,篤信ノ男女70有余名ノ労力奉仕ヲ得テ荊棘ヲ伐除シ、略二里余ノ参道開通ヲ終了セリ。
然ルニ適湯沢村出身ノ東京堂創立者大橋省吾氏令室孝子刀自ハ、此ノ浄業ヲ随喜シ、金3,000円ノ浄財ヲ喜捨セラレタリ。
依テ、直チニ石像ノ謹刻ニ着手シ、其ノ大部分ハ刻成リ、昭和九年四月稀有ノ大積雪ヲ利用シテ、山上ヘ搬ビ、同年夏更ニ篤信ノ男女五〇〇有余名ノ奉仕ヲ得テ、其ノ安置並ニ参道ノ補修等ヲ行ヒ、茲ニ宿願ヲ成就セリ。
抑モ、観世音菩薩ハ大慈愛心ヲ似テ其ノ体ト為シ、常ニ一切衆生ノ願求ニ応現シテ、抜若与楽ノ妙功徳ヲ行ジ給フ施無畏ノ大士ナリ。
当霊場ノ参拝各位、願ハクバ、一心ニ観音ノ妙智力ヲ念ジ、火ニ入リテモ焼ケズ、水ニ入リテモ溺レザル底ノ大勇猛心ヲ奮起シテ、浄仏国士ノ実現ニ協力セラレンコトヲ。
              昭和九年九月十八日 宝珠庵主 中村無外謹

;霊場入口の石柱

ご詠歌(ごえいか)とは、仏教の教えを五・七・五・七・七の和歌と成し、旋律=曲に乗せて唱えるもの。日本仏教において平安時代より伝わる古式ゆかしい伝統芸能の一つです。五七あるいは七五調の詞に曲をつけたものを『和讃』(わさん)と呼び、広い意味では両者を併せて『ご詠歌』と言います。

 
Home  | お問い合せ
Copyright (C)2007 web echigoyuzawa All rights reserved.