ギャンブルのメッカマカオへの包括的なガイド

ギャンブルのメッカマカオ

毎年、何百万人もの訪問者が世界中からマカオに向かい、より裕福な人々がヘリコプターで乗り込み、より卑劣な仕事をしている人々が列車のコーチに到着しますが、同じ理由で、カジノのアクションとスリルを体験してください。

マカオは、実際には「東のラスベガス」または「アジアのモンテカルロ」としてもかなりよく知られていました。しかし、カジノに興味がなければ、その名前に出くわしたことも、そのような場所が存在することさえ知らなかったかもしれません。それでも、マカオは国際的なカジノシーンで完全にテーブルを変え、現在はカジノ業界の新しい巨人であり、シンシティ自体を超えて成長しており、現金だけでなく多くの注目を集めています。 4世紀の間、マカオはポルトガルの植民地でした。

しかし、1999年以来、それは中国の一部でしたが、「特別行政区」として、つまりマカオは「一国二制度」の公式の下で運営されているため、より多くの自由を持っていました。

上昇と取り締まり

しかし、マカオのカジノは、人々がPlay UKライブカジノなどのサイトでオンラインギャンブルを始めたため、過去数年間で困難な時期を経験してきました。それにもかかわらず、そこにいて、街のカジノ大通りであるコタイストリップを歩くと、カジノハブが耐えなければならなかった厳しい時代から跳ね返っているので、それを知る機会はほとんどありません。

上昇と取り締まり

2014年、マカオからのゲーム収益は450億ドルを超えましたが、その後、北京はカジノ、特に国内の業界に大きな打撃を与えたVIPギャンブルセグメントを対象とした腐敗防止の取り締まりを開始しました。この法律により、ゲームの総収益は、ターンアラウンドが始まった2016年まで26か月間減少しました。

収益の回復

現在中国で運営されているカジノオペレーターは6社あります
•サンズチャイナ
•SJMホールディングス
ウィンマカオ
•MGMチャイナホールディングス
•メルコクラウンエンターテインメント
•ギャラクシーエンターテインメントグループ
これらの企業はここ数年で事業を拡大しており、その多くは時間の経過とともにより大きく、より良い物件を開拓しています。

3つの新しいメガカジノがコタイストリップに追加され、すべてのカジノは現在、さらに多くの訪問者を引き付けるために家族向けのプロジェクトを開発することが奨励されています。これは、経済の多様化のためのCCPのイニシアチブに準拠しています。

結論

結論

マカオは現在40のカジノを誇り、MOPSまたはパタカと呼ばれる独自の通貨を持っています。ただし、カジノでは、香港ドルが選択される通貨です。一部の施設では、香港の現金のみを受け付けています。カジノは24時間稼働しており、ハウスルールは市内全体でほぼ同じです。

バカラはマカオで最も人気のあるゲームで、スロット、ルーレット、ブラックジャックがそれに続きます。どこへ行っても、マカオならではの電気的な雰囲気を体験することができます。

ギャンブルのメッカマカオへの包括的なガイド

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Scroll to top